タイ・チェンライ

タイ・チェンライ県 プーチャイサイリゾート 10月

image5 (1)定員100名 日本語通訳サポート付き

●201710月1日(日)-10月29日(日)  

 

 タイの大自然の中のリゾートスパを借りて行われるTTCです。講義、アーサナクラス、サットサンガ等、日課の全てに日本語通訳が入ります。宿題提出、アーサナを教えるクラス、最終試験は英語、日本語どちらも選択可能です。

 
image14【料金】シェアルーム(3人?4人部屋)  
$ 2,600
* 上記料金には宿泊費、1日2食の菜食料理、ユニフォーム2組、教科書の代金が含まれます。航空券の代金は含まれていません。通過単位はUSドルです。
【スケジュール】  10/1(日)の夕方までにリゾート入りし、夜19時30分から入学式があります。
最終日10/28(土)に最終筆記試験、夜7時から9時くらいに卒業式がありますので、出発は翌朝になります。コース代の中には土曜日夜の宿泊費まで含まれています。
 
【会場までのアクセス】 10/1(日)に到着便に合わせてチェンライ空港から数回、シェアバンが出ます。また、チェンライ市内の旧バスターミナルから午前10時にシェアバンが出ます。シェアバンの予約はナラヤーニ紀子までメール(ttcjapan@sivananda.org)でお願いします。

【リゾートのバンコクオフィスの住所・電話・メールアドレス】
Phu Chaisai Mountain Resort & Spa Reservations Office (Bangkok)

Address: 762/9-11,Sukhumvit,32-Klongton, Klongtoey,Bangkok 10110
Tel: +66 (0) 2661-5898-9 /+66 (0) 2260-2646 Fax: +66 (0) 2661-5897 (Monday to Friday 09:00 ~ 18:00.)

E-mail: contact@phu-chaisai.com

 

image7【注意事項】

サットサンガと講義の時間に着用するユニフォームは2セット支給されます。アーサナ・クラスやカルマヨガ用に、肌の露出の少ないカジュアルな服装が必要です。熱帯気候のため、雨が多い事を考慮して下さい。外出の為の雨具など、防水上着、Tシャツ、ズボン、靴下、寝間着、さらに自然散策の為の靴も必要です。 ヨガマット、瞑想用のクッションとショール、洗面用具、ノート、筆記用具類、懐中電灯、目覚まし時計、水ボトルなどは、ブティックで購入できないこともありますので、各自でご用意ください。ヨガマットは現地で購入すると高額です、汚れますから日本で安いものを求めて持参されることをお勧めします。講義で座る姿勢が長いため瞑想用クッションもご自分の使い慣れた物を用意されるといいでしょう。滞在施設はタイ北部の山間部にあり、10月中旬までは真夏の気候、10月中旬以降は急に冷え込みます。11月に入ると、朝晩はダウンや毛糸の靴下があってもいい程冷えることがあります。タイ=熱帯というイメージがありますが、10月、11月の日本の気候に合わせた服装を1~2セット持っていると安心です。

申し込み要領はこちらのページをご参照ください。


【問い合わせ先】

OLYMPUS DIGITAL CAMERAタイTTCについてのお問い合わせはナラーヤニ紀子まで。

電話:090-6102-2385

Eメール: ttcjapan@sivananda.org 

PAGE TOP