Lalita ゆり絵 先生 ( 2010年10月タイTTC参加 )

タイTTCに参加して良かったこと

シバナンダTTCに行く事をずっと願っていた私は、今回タイで受ける事が出来て本当に幸せでした。 一生の財産と言える経験になりました! 私はアシュラムには行った事がないので、 他のTTCとは比較出来ないですが、タイはまず環境に恵まれていたと思います。 プーチャイサイリゾートは本当に現実社会から隔離されたようなとても穏やかな プラーナに満ちた場所でした。そして、食事も本当に美味しくオーガニックの野菜を ふんだんに使ったベジフード、またおやつの時間が最高でした。腹八分目にしたいところでしたが、 美味し過ぎて制限出来ず、行く前よりかなりふくよかになり帰国したのでした‥。 (きっと私だけではないはずです。) TTCで学んだ事はたくさんあります。 一番意識した事は調和するという事。私なりの調和とは…自分がその環境や習慣に 適応する意識をもつということ、受け入れる事、そして楽しむ事。

タイTTCに参加してたいへんだったこと

その意識でいるとTTCのスケジュールはハードだけど、一時も無駄がなかった気がします。 時間は有限でどう使うかがとても重要で、でもその流れが体に浸透すれば毎日の 5時起きも苦じゃなくなりました。そして最初は苦手だった瞑想も気づけばとても 心地良い時間となっていました。アーサナとプラーナヤーマは毎日する事で 体と心に起こる変化にとても敏感になり、シャバーサナの効果も今まで経験した事のない 半覚醒状態を体験しました。アーサナ後のなんとも言えない充足感にヨガの本質を ふつふつと感じていました。また、朝晩のサットサンガ、チャンティング、アラティの 時間がとっても大好きで、大きな暖かなエネルギーに包まれるようなとても神聖な 時間だったように思います。宿題ありのメイン講義は毎日が眼からウロコ、 または頭から湯気(笑)の連続でしたが…。

今後の抱負、これからタイTTCを受ける方へのメッセージなど

スワミジが発する言葉を理解出来た時には、一つ、また一つという様に 心の壁が取れていくような感覚がありました。つまりそれがエゴを 剥がしていく作業であって、ヨガはアプローチは様々だけど、自分を知る事、 そして受け入れる事、そこから調和が生まれる事、そんな素敵な教えを 毎日シャワーのように浴びていた気がします。 先生達が本当に本当?に素敵だった事がこのTTCの最大の魅力でした! シバナンダ先生の教えをすごく感じたのが、先生達が生徒と同じ立ち位置に 下りてきてくれて、隔たりなく接してくれた事でした。 どんな時も無償で与えてくれてる姿勢が本当に嬉しかったです。 そして、苦楽を共に過ごしたここで出逢った友達もまた、一生の宝物になりました♪ 最後に、TTCから帰ったこれからが本当の実践だと私は思っています。 バガバット・ギータのいうように行動への見返りより、行動の動機を大切に 自分の出来る事をこれからトライしていきたいです! TTCで関わる事の出来た全ての人に今心から感謝しています!!

コメントをどうぞ

PAGE TOP